大塚商会のレンタルサーバーへ不正アクセス、対策などは完了済み



画像:お客様ご利用のWeb環境に対する不正アクセス発生のご報告/大塚商会より

大塚商会は2019年1月23日、同社が提供するレンタルサーバー「アルファメール/アルファメール2」が何者かの不正アクセスを受けたと明らかにしました。

同社によると、発表時点で不正アクセスへの対策は完了済。個人情報の流出は確認されていないと説明しています。

顧客アカウントを悪用しサイバー攻撃

大塚商会によるとインシデントは2019年1月19日に発生。攻撃者が一部の顧客アカウントを悪用し、サーバー上に不審なファイルを設置したとのことです。

異常を検知した同社はその後、不正利用されたアカウントを停止した上で、該当ファイルを削除するなどの対応を実施。ログ解析など調査を実施したところ、ユーザーの利用環境に影響がないことを確認したと説明しています。

参照お客様ご利用のWeb環境に対する不正アクセス発生のご報告/大塚商会