誤送信で顧客のメールアドレスが流出、株式会社三福綜合不動産



画像:三福売買ステーションより

株式会社三福綜合不動産は2019年3月12日、同社が運営するオンラインサイト「三福売買ステーション」にてメール誤送信が発生し、顧客メールアドレス数件が流出したと明らかにしました。

同社によると、誤送信の原因はメール送信の操作ミス。同社従業員が社内関係者にメールを送信する際に、誤って顧客のメールアドレスを追加したとのこと。氏名や電話番号などの情報流出はないとしています。

顧客から指摘され発覚

三福綜合不動産の発表によると、誤送信は2019年3月8日に発生。送信時に流出を把握していませんでしたが、2019年3月9日にメールを受信した顧客から指摘が入り、インシデントを発覚したとのこと。

その後詳細を調査し、流出した情報を特定。個人情報保護委員会へ連絡をした上で、影響を受けた顧客らに謝罪を表明しています。

参照メール誤送信によるメールアドレス流出に関するご報告とお詫び/株式会社三福綜合不動産