DLmarketがサービス終了を決定、不正アクセス原因で再開困難に



画像:「DLmarket」におけるサービス終了に関するお知らせ/ディーエルマーケット株式会社より

ディー・エル・マーケット株式会社は2019年3月26日、同社運営サービスの「DLmarket」を、カスタマーサポートを含め2019年6月28日に終了すると発表しました。

サービス終了の原因はサイバー攻撃。「DLmarket」は2018年に発生した不正アクセスの影響でシステムの全面改修が必要となり、サービス続行が困難になったと説明しています。

致命的な不正アクセス被害

ディー・エル・マーケットが受けたサイバー攻撃被害は、サービス終了という最悪の形で幕引きとなりました。

同社はインシデント発生後に複数の外部調査機関にフォレンジック調査を依頼していましたが、その過程で安全な環境を確保するにはシステムの全面改修が必要と判明。

新たなシステムの構築には膨大な労力と時間を要する点から、サービス終了が経営上の結論になった形です。

参照「DLmarket」におけるサービス終了に関するお知らせ/ディーエルマーケット株式会社