民放無料配信サービス「TVer」に不正アクセス、一部表示内容を改ざん



画像:お知らせ一覧/TVerより

2019年4月29日、民放キー局が発信するオンライン無料配信サービス「Tver」から、不正アクセス被害の発表がありました。

同局によると、配信コンテンツのタイトル名や画像を改ざんされる被害が生じたものの、個人情報の流出はないと発表。一時中止などの発表はなく、セキュリティ対策を強化し、運営を続ける方針です。

番組のタイトルや画像を不正変更

TVer側の発表によると、不正アクセスによる情報流出はありません。被害も番組のタイトル名や画像を差し替えるに留まっており、最初から情報流出を目的としていなかった可能性も推定できます。

また攻撃者はコンテンツ改ざんの際に、コピー文章に実在の弁護士を模した画像を挿入したり、コピー文章に記載するなどの行動を取っており、イデオロギー的な動機の可能性も示唆されています。

参照一部配信コンテンツの表示情報に関するお詫び/TVer