仮想通貨取引所「Binance」に不正アクセス、ビットコイン約44億円分が流出



大手仮想通貨取引所の「Binance(バイナンス)」は2019年5月8日、何者かの不正アクセスを受け、同社が保有する仮想通貨「ビットコイン」が約44億円分ほど流出したと明らかにしました。

Binance社によると、サイバー攻撃は2019年5月7日に発生。同社が保有するホットウォレットが攻撃を受け、流出した通貨は全体の2%に相当するとのこと。同社は二段階認証などの防御策を講じていましたが、攻撃者はフィッシング詐欺・ウイルス攻撃・その他複数の手段を用いて複数のユーザーAPIキーを入手し、認証を突破したと説明しています。

全通貨の入出金停止を決定

Binance社は今回のインシデントに伴い、全仮想通貨の入出金を一時的に停止すると発表しました。同社は今後セキュリティー調査を進める予定で、これは1週間ほどの時間を要するとのこと。

また同社は損害を受けたユーザーに対して、自社が創設した基金より補填する考えを示しており、セキュリティ対策と同時にユーザーサポートも進める方針です。

仮想通貨取引所にとって流出インシデントは致命的ですが、存在を最小限に留めるよう動いています。

参照Binance Security Breach Update/Binance Security Breach Update