教員メールアカウントが不正アクセス、約1万件の迷惑メールを送信|新潟県立大学



画像:メールサーバーへの不正アクセスによる学外への迷惑メール送信について/新潟県立大学より

公立大学法人・新潟県立大学は2019年5月27日、同大学に所属する教職員のアカウントから、迷惑メール約1万件が送付されたと明らかにしました。

発表によると、原因は第三者による不正アクセス、攻撃者は何らかの手段で教員のメールアカウントを乗っ取り、なりすましメールを送付したものと見られています。

二次被害などは確認されず

迷惑メールは2019年5月19日~2019年5月20日にかけて送付されました。

大学側はインシデントを察知した後、該当メールアカウントのパスワードを変更しており、現時点では迷惑メールの送付は止まったと発表しています。

なお記事発表時点で二次被害などは確認されていないとのこと。合わせて、メールアカウントは学外のクラウドサービスにて運用されており、大学の情報ネットワークへの影響はないとの見方を示しています。

参照メールサーバーへの不正アクセスによる学外への迷惑メール送信について/新潟県立大学