メール誤送信でスタッフ23名の個人情報流出か|株式会社KOSMO



画像:株式会社KOSMOより

人材派遣業などを営む株式会社KOSMOはこのほど、同社登録スタッフ23名に就労案内メールを送付する際に、誤送信により個人情報が流出したと明らかにしました。

流出の原因は宛先設定の入力ミス。本来、流出防止目的から「BCC」欄に入力して送付すべきところを、誤って「TO」欄に入力して送付したため、同報者間でアドレスの共有が発生したとしています。

受信者から指摘入り発覚

KOSMO社によると、インシデントは2019年6月18日に発生。担当者が2019年3月~4月にかけて稼働歴を持つ人材に向け、7月の就労案内メールを送付したところ、誤送信が発生したとしています。

当初、同社は流出を把握していませんでした。しかし同日中にメールを受信したスタッフから指摘が入り、担当者が確認をしたところ、流出が発覚。影響を受けたスタッフらに謝罪とメールの削除を要請したとのことです。

同社は今後、再発防止に向け従業員教育や、一斉メール送信時の遵守事項の確認を進めると説明しています。

参照メールアドレス流失事故の発生のお詫びとご報告について/株式会社KOSMO