895件の顧客情報ファイルを誤送信、リゾートトラストが謝罪



画像:個人情報の流出についての 個人情報の流出についてのお詫び/リゾートトラスト株式会社より

リゾートトラスト株式会社は2019年7月18日、同社ホテル「エクシブ鳴門」の従業員が顧客向けに配信したメールについて誤送信を起こし、個人情報895件を流出したと明らかにしました。

誤送信の原因はメールファイルの添付ミス。顧客に向けてメールを送付する際に、誤って個人情報を記載したファイルを添付して送信したとしています。

顧客から指摘受け発覚

インシデントは2019年7月18日、同社従業員が464名の顧客に向けてメールを送付する際に発生しました。

従業員は誤送信メールを午前10時ごろに発信しましたが、その約2時間後には流出に気付いた顧客が同社へ連絡。連絡を受けた同社が流出の有無を確認したところ、誤送信が明らかになったという流れです。

メールの削除を要請

事態を把握した同社は、2019年7月18日のうちに個人情報ファイルをダウンロードできないように措置を実施。二次被害の発生についても、被害の発表はありません。

さらに流出先の895名の顧客については個別に謝罪。また流出先となった464名の顧客については、メールの削除を要請したと明かしています。

  • 氏名
  • 法人名
  • メールアドレス
  • 会員番号
  • FAX番号
  • 会員権の種類

参照個人情報の流出についての 個人情報の流出についてのお詫び/リゾートトラスト株式会社より