横浜信金など8つの信用金庫でシステム障害、金融庁は報告命じる方針



2019年8月15日午前、西武信金や横浜信金など合計8つの信用金庫で、ATMやインターネットバンクでの取引ができなくなる障害が発生しました。影響を受けた信用金庫は、関東や北海道に拠点を置く機関。同信金らは共通の提供するシステムを利用しており、開発会社が対応にあたるなどの対応が取られました。

なお、2019年8月15日の午後、システム障害は復旧。現在はATM・ネットバンクともに利用が可能とのことです。

不正アクセスの可能性?金融庁が報告を命じる

記事発表時点で、システム障害の原因は明らかにされていません。また、現在は復旧し正常にサービスの提供を進めているものの、利用者からは不安の声が上がっています。

金融庁は今回の事象について、各信用金庫に報告を命じる方針です。

参照一部信金でシステム障害=関東・北海道、現金引き出せず/Yahoo!ニュース