サイバー犯罪対応力を競う「CTF神奈川」開催、警察機関や自治体職員が参加



画像:神奈川県警察より

神奈川県警などは2019年8月19日、サイバー犯罪への対処能力を競う競技会「CTF神奈川」(CTFは「Capture The Flag」の略で旗取り合戦の意味)が、情報セキュリティ大学院大学にて開催されたと明らかにしました。

競技は3人1組のチームで進み、暗号解読や情報収集・分析などの技術で特典を競うというもの。会場には神奈川県警など13の警察組織に、神奈川県や横浜市の市職員、慶応義塾大学など3大学などが集結し、腕を競いました。

なお、警察部門の結果は下記の通りです。

  • 優勝:茨城県警察
  • 準優勝:新潟県警察
  • 第3位:愛知県警察

キャッシュレス狙う犯罪など懸念

競技会は2012年に発生した「パソコン遠隔操作事件」を契機に発足した研究会が、産官学連携による対策を進めるために、実施しているものです。

競技終了後は、富士ソフト株式会社など問題作成者らからの解説もあり、参加者のサイバーセキュリティ知識と技能の向上が図られるとのこと。

昨今は急速に進むキャッシュレス化をターゲットにした犯罪が相次ぎ、対応能力の向上が求められています。

参照サイバー犯罪対処へ協議会 県警など腕競う 横浜/Yahoo!ニュース