個人情報約210件を記録した業務用携帯電話を紛失│サクラファインテックジャパン株式会社



画像:社用携帯電話紛失による個人情報流出の可能性について(お詫びとご報告)/サクラファインテックジャパン株式会社より

サクラファインテックジャパン株式会社は2019年9月13日、仙台営業所所属の従業員が業務用の携帯電話を紛失した結果、個人情報流出の可能性があると明らかにしました。

同社によると、携帯電話には社内外の個人情報約210件が記録されていたとのこと。紛失は2019年9月6日に発生し、同社は捜索を進めましたが、記事発表時点で見つからず。今回の発表へと至っています。

素早い措置で流出可能性は低いか

サクラファインテックジャパンは紛失判明後、ただちに携帯電話会社に連絡し、機能ロックおよび使用停止措置を取ったと発表しています。

そのため、同社は流出の可能性は低いとの見解を示しています。なお、携帯電話に記録されていた個人情報の内訳は、下記の通りです。

対象者 対象件数 対象の情報内訳
取引先担当者 約170件 氏名・電話番号
同社社員 約40件 氏名・電話番号

参照社用携帯電話紛失による個人情報流出の可能性について(お詫びとご報告)/サクラファインテックジャパン株式会社