不正アクセスで顧客情報約2,710件が流出か|あなぶきメディカルケア



画像:お客様情報流出のお知らせとお詫び/あなぶきメディカルケア株式会社より

あなぶきメディカルケア株式会社は2019年12月26日、同社が運営するウェブサイトに対して仕掛けられた不正アクセスにより同社の顧客情報約2,710件の削除され、流出した可能性があると明らかにしました。

同社によると、対象サービスは「あなぶきの介護サイト」と「採用情報サイト」、「同社ホームページ」の合計3種。不正アクセスは更新作業中に発生したエラーにより発見され、調査の結果により判明しました。

流出情報は、氏名や生年月日、メールアドレスなど。クレジットカード情報は発表に含まれておらず、記事発表時点で二次被害も確認されていません。

問い合わせフォームや、採用サイト情報が流出か

不正アクセスの直接的な原因は、システムに内在していた脆弱性です。同社は2019年12月22日に実施したウェブサイトの更新作業中に、エラーを発見。原因を特定するため調査したところ、何者かによるサイバー攻撃の痕跡が見つかったとしています。

なお、同社によると不正アクセスにより流出した情報は、合計2,710件ほどです。

参照お客様情報流出のお知らせとお詫び/あなぶきメディカルケア株式会社