操作ミスで顧客情報を誤送信|GCIアセット・マネジメント



画像:メール誤送信による個人情報漏えいについてのお詫び/株式会社GCIアセット・マネジメントより

株式会社GCIアセット・マネジメントは2020年3月23日、同社に所属する従業員がメール操作ミスを起こし、問い合わせを寄せていた顧客情報1件について、同社が関係するセミナーの参加者らなど502件のメールアドレス宛てに誤送信したと明らかにしました。

メールは顧客から同社に寄せられた問い合わせに対する返信で、社内関係者にのみグループアドレス宛てに送信すべきところを操作を誤り、セミナー参加者など外部一般に対してもメールアドレスが表示される形式で送信したもの。2020年3月19日のことで誤送信後、被害を受けた一部顧客から指摘が入り、発覚したとしています。

誤送信メールの削除を要請

株式会社GCIアセット・マネジメントはインシデント発生後、影響を受けた人物らに謝罪を表明、合わせて誤送信メールの削除を要請しています。

また同社は今後、個人情報の取り扱いを強化し、再発防止につなげる方針を発表。合わせて、被害者の流出対象情報の公表をしています。
参照メール誤送信による個人情報漏えいについてのお詫び/株式会社GCIアセット・マネジメント