不正アクセスにより顧客データ流出の可能性|ゲインキャピタル



画像:当社サーバーへの不正アクセスについてのご報告/ゲインキャピタル・ジャパン株式会社より

ゲインキャピタル・ジャパン株式会社は2020年5月10日、同社ネットワークに対する第三者からの不正アクセスが確認され、同社が保有する顧客データについて流出の可能性があると明らかにしました。

同社によれば、ネットワークに対するサイバー攻撃が確認されたのは2020年4月14日。サイバー攻撃の発覚後、同社がシステムへのアクセスを遮断し、調査を進めたところ、個人データが閲覧された可能性が判明したと説明しています。

パスワードの変更等を呼び掛け

ゲインキャピタル・ジャパン株式会社は今回のインシデントに伴い、顧客に取引パスワードの変更等を呼び掛けている状況です。

同社によれば、現在は被害規模や流出データの内訳など詳細情報については調査を進めているとのこと。新しい情報が入り次第、報告する方針を示しています。

参照当社サーバーへの不正アクセスについてのご報告/ゲインキャピタル・ジャパン株式会社