顧客宛てメールを誤送信、アドレス304件が流出|ナグヨガスタジオ



株式会社エヌ・エー・ジムは2020年6月3日、同社が運営する「ナグ ヨガスタジオ」の顧客に対して発信した外部一斉メールについて誤送信が発生し、スタジオ会員のメールアドレス304件が流出したと明らかにしました。

誤送信の原因は、宛先設定のミスによるもの。同社が2020年6月3日に一部顧客へレッスンプログラムの案内メールを送信したところ、本来同報者のアドレスを隠して送信するはずが、送信先のメールアドレスが表示される形式で送付したため、会員同士でメールアドレスが表示されてしまう事象が発生したとしています。なお、被害件数は当初375名と想定されていましたが、その後の調査により304名と判明しています。

配信システムの活用で誤送信を防止へ

ナグヨガスタジオはインシデント発覚後、被害顧客に対して謝罪を表明した上で、メールの削除を要請しています。

また、今回の誤送信はシステムによる一斉配信ではなく、通常業務用のメールソフトを使用したものであることから、今後はシステムによる一斉配信を利用するよう周知するほか、通常業務用のソフトを利用する場合は、複数名の従業員によるチェックを進め、再発防止につなげる考えを明らかにしました。

参照メールの同時配信について(お詫び)/株式会社エヌ・エー・ジム