不在通知装うSMS詐欺に引っかかってみた動画公開|JC3



一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は2020年8月17日、同財団が一般ユーザー向けに公開しているウェブページ「インターネットバンキングの不正送金の被害に注意」を更新し、不在通知を装ったフィッシングSMSに実際に引っかかってみた動画を公開しました。

公開した動画は、金融機関を名乗る不審なSMSの指示通りに、URLにアクセスしたり、不審なアプリをインストールした後の様子を観察したもの。映像は不審なAPKファイルのインストールを求められる様子や、突如ポップアップが登場し「不正アクセスを受けました」と脅される様子などが収録され、フィッシング詐欺の様子を視覚的に体験できる作りになっています。

情報流出に不正表示、第三者に被害可能性も

JC3は一連のSMS詐欺動画を通じて、情報流出に不正出金、第三者に被害を及ぼしてしまう可能性について警告を発しています。

具体的には、「APKファイルのインストール時に端末内のデータへのアクセス権を承認させ、端末の電話帳データなどを奪い取ってしまう可能性」や「盗んだデータを悪用し、第三者に詐欺行為を働いてしまう可能性」などを指摘。こうした詐欺行為に騙されないよう、注意喚起を発しました。

参照インターネットバンキングの不正送金の被害に注意/一般財団法人 日本サイバー犯罪対策センター