メルアカが不正アクセス被害で大量のスパムメール│グッドライフカンパニー



画像:株式会社グッドライフカンパニーより引用

不動産関連企業の株式会社グッドライフカンパニーは2020年10月22日、同社のメールアカウントが何者かによる不正アクセス被害を受けたと明らかにしました。

発表によると、同社は2020年10月22日に同社メールサービスを管理している運営会社より指摘を受け事態を把握。

確認を勧めたところ、攻撃者はメールアカウントへの不正アクセス後、同社ドメインを踏み台にして、外部に向けてスパムメールを発信していた事実が明らかになったとしています。

なお、記事発表時点で、同社が攻撃を受けた原因は明らかにされていません。

パスワード変更などの措置を実施

株式会社グッドライフカンパニーは不正アクセス判明後、該当アカウントのパスワード変更措置や全社員の端末にウイルススキャンを実施するなど、対策および原因確認作業を進めています。

ただし、既に発信されたスパムメールについては止めようがないことから、同社は自社ドメイン(@goodlife-c.jp)からの不審なメールについて、URLへのアクセスや添付ファイルの開封を控えるように、ウェブサイトを通じて呼びかけています。

参照不正アクセス被害によるスパムメール送信について