メール3,775件を誤送信で氏名流出|サンフロンティアホテルマネジメント株式会社



画像:サンフロンティアホテルマネジメント株式会社より引用

ホテル関連事業者のサンフロンティアホテルマネジメント株式会社は2021年1月26日、同社のホテルブランド『日和ホテルズ&リゾーツ』が配信しているメールマガジンについて、個人氏名の流出につながる誤送信が発生したと明らかにしました。

公開された資料によると、同社が2021年1月22日に顧客に向けて発信したメール3,775件について、宛先のアドレスとは異なる氏名を記載したまま、送信する事象が起きたとのこと。

原因は、送信データ編集時に起きた人為的なミスによるもので、担当者がメールアドレスの一覧と対応する宛先氏名の一覧が一致しないままメールを送信したことにより、氏名の流出が起きたとしています。

ダブルチェックの徹底

サンフロンティアホテルマネジメント株式会社は今回起きた流出への対策として、問い合わせ窓口を開設し、被害者らにメールで案内を出しています。

また、再発防止に向けダブルチェックを徹底すると発表。複数の顧客に向け電子メールを送信する際、配信チェックを行い、流出を未然に防ぐ考えを明らかにしました。

参照メール誤送信に関するお詫び