登録ミスでファンクラブ会員6名の情報流出|浦和レッズ



画像:浦和レッズより引用

サッカークラブチームの浦和レッズは2021年2月9日、チームのファンクラブ「REX CLUB」の会員情報について人為的な更新ミスが発生し、一部会員の個人情報が別の会員に流出したと明らかにしました。

浦和レッズによると、2021年1月22日にチームから会員に向けメールマガジンを配信した際、受信した会員から「違う氏名宛でのメールが来ている」と指摘が入ったとのこと。

これを受け同チームが調査を進めたところの、チームが保有する会員6名の情報について別人のメールアドレスが登録されている事実が判明。これにより、メールマガジンが本来の宛先と異なるアドレスに届いたとしています。

関係先に謝罪を実施

浦和レッズによると、メールマガジンには氏名・会員証番号・ステージ・保有ポイント数などが記載されており、これらの情報について流出が確認されています。

このため、チームは事案発覚後に被害者に向け謝罪を実施。また、該当メールの削除を要請し、事態の収拾を進めています。

参照【REX CLUB】個人情報流出に関するお詫びとお知らせ