日産証券株式会社、不正アクセス発生でトレードシステムに障害



画像:日産証券株式会社より引用

オンライン証券取引などを手がける日産証券株式会社は2021年4月26日、外部からの不正アクセスが発生し、同社のオンライントレードシステムに障害が発生したと明らかにしました。

同社によると、不正アクセスによる攻撃は2021年4月25日より発生しており、この影響から同社が提供している商品のうち、「株価指数先物取引・オプション取引」や「くりっく365」、「くりっく株365」に障害が発生したとのこと。

このため、同社はオンライントレードシステムに関係するネットワークの遮断を決定。復旧作業を進めているとしています。

情報流出などは確認されず

日産証券株式会社によると、記事発表時点で被害は一部にとどまっており、同社ホームページや他のオンライントレードシステムへの悪影響は確認されていません。

また、不正アクセスで懸念される顧客情報流出についても、記事発表時点で確認されていないとのこと。

同社は今後の状況について、適宜知らせるとしています。

参照不正アクセスによるオンライントレードシステムの障害発生に関するお知らせ