運用サーバーがランサム感染、株式会社ムトウ



画像:株式会社ムトウより引用

株式会社ムトウは2021年8月31日、同社が運用するサーバーが何者かのサイバー攻撃を受けたと明らかにしました。

発表によると、同社は2021年8月31日に外部からのサイバー攻撃を検出したため調査したところ、同社サーバーがランサムウェアに感染している事実が判明。

同社はこれに対処すべく、システムをネットワークから切り離し、対象サーバーを停止するなどの被害拡大に向けた措置を実施。さらにシステム復旧の作業を進めています。

外部専門家含めた対策チーム

株式会社ムトウによると、同社は不正アクセス判明後、外部の専門家を招聘し対策チームを編成するなど、セキュリティ対策を進めています。

しかしながら、記事発表時点で情報流出の有無や想定される規模などを明らかにしていません。同社は今後、知らせるべき情報が生じた場合、改めて連絡するとしています。

引用元タイトル:当社サーバーへの不正アクセスについて