西日本メディカルリンクのサーバーがランサム感染、一部業務に支障発生



画像:西日本メディカルリンク株式会社より引用

西日本メディカルリンク株式会社は2021年9月1日、同社が運用しているサーバーがランサムウェアに感染したため、サーバーをネットワークから遮断する措置を講じたと明らかにしました。

西日本メディカルリンクによると2021年8月31日の夜、同社サーバーにて不正アクセスと見られる形跡が検出されました。調査したところ攻撃はランサムウェアを介したものと判明したため、同社は被害サーバーをネットワークから遮断したうえで、稼働停止を決定する措置を講じました。

発表によると同社は現在、復旧作業に向け取り組んでいる状況です。

知らせるべき事態生じたら連絡と発表

ランサムウェアは感染先に格納されているデータファイルを暗号化することで個人情報や企業秘密を「人質」にとり、金銭の支払いなどを要求することで知られているマルウェアです。

感染後は、情報流出被害が懸念されますが、同社は影響範囲については調査中としています。
なお、同社は今後新たに知らせるべき事態が生じた場合、速やかに連絡するとしています。

参照弊社サーバーへの不正アクセスについて