ベルキッチンがランサムウェア感染、大阪急性期総合医療センター事案と関連か

資料請求無料スマートUTM:総合的なセキュリティ対策製品を圧倒的コストパフォーマンスで



社会医療法人生長会は2022年11月7日、同会が提供する医療機関向け給食サービス「ベルキッチン」にて運用していたウェブサーバーが外部からのサイバー攻撃の対象となり、ランサムウェアに感染したと明らかにしました。

生長会によると事案が起きたのは2022年10月31日のことで、一部の端末に不具合が生じたため調査したところ、ベルキッチンおよび関連施設のウェブサーバーがランサムウェア感染している事実が判明しました。生長会はこのため、詳細を明らかにすべく調査を継続しているものの、公表時点で情報流出の有無や影響範囲、復旧の見通しは明らかになっていない状態です。

「ベルキッチン」を巡る問題は現在、大阪急性期・総合医療センターにて発生したランサムウェア攻撃との関連が指摘されています。

大阪急性期・総合医療センターでは2022年10月31日、ランサムウェア感染による電子カルテシステムの暗号化被害が生じ、診療や手術に影響が生じましたが、ベルキッチンは大阪急性期・総合医療センターにて患者用の給食を提供しており、病院とサーバーで繋がっている状態でした。

大阪・吉村洋文知事は会見にて「給食業者のシステムがウイルスに感染し、このウイルスが病院のサーバーに侵入した可能性が高いと報告を受けている」と発言しています。ただし、長生会は大阪急性期・総合医療センターで発生した事案との関連について「現在調査中」と発表。今後も調査を継続し、詳細が明らかにされるものと見られます。

〈参照〉ウィルス感染被害によるシステム障害発生のお知らせ/社会医療法人生長会