ギンポーパック、ランサムウェア感染で基幹システムに不具合

資料請求無料スマートUTM:総合的なセキュリティ対策製品を圧倒的コストパフォーマンスで

画像:株式会社ギンポーパックより引用

株式会社ギンポーパックは2023年3月24日、同社が運用するサーバーがランサムウェアに感染し、社内の基幹システムが使用できない事態に陥ったと発表しました。

説明によると、同社では2023年3月3日~2023年3月4日にかけ、⽣産管理や会計システム等の業務システムに不具合が発生しました。サーバーを調査したところ、内部データが暗号化されており、原因がランサムウェア感染によるものと判明しました。

同社は対応のため、感染したサーバーがネットワークから切り離し、第三者調査機関に調査や復旧を依頼しました。現在、紙ベースでの対応等に切り替えたほか、製造や供給にも影響はないとのこと。

なお、公表時点で被害規模や情報流出の有無は明らかになっていません。調査は引き続け医継続する方針で、復旧には1カ月~2カ月を要する見通しとのことです。

参照不正アクセス及びこれに伴うシステム障害に関するお知らせ/株式会社ギンポーパック