USBメモリが所在不明、408名分の個人情報が流出の可能性|所沢市



画像:USBメモリの紛失について(お詫び)/所沢市より

所沢市は2018年9月28日、国民健康保険業務で使用しているUSBメモリーを紛失していたことを明らかにしました。

所沢市によると、紛失したUSBメモリーには国民健康保険高齢受給者証の該当者408名分の情報が含まれていたとのこと。市は被保険者証の記号番号の変更(希望者)などで、対応を進める考えです。

USBメモリにはセキュリティ設定が付与

所沢市によると、紛失が明らかになったのは2018年8月17日です。

問題のUSBメモリは2018年3月16日に外部の印刷委託業者より発送され、運搬業者経由で2018年3月19日に国民健康保険課に到着したとのこと。その後約5カ月、所在不明の状態が続いていました。

なおUSBメモリは専用のソフトウェアを使用しなければ閲覧できないセキュリティ設定が付与されており、情報漏洩の可能性は極めて低いとの考えを示しています。

謝罪対応を進める所沢市

所沢市によると、紛失したUSBメモリには国民健康保険高齢受給者証の該当者408人分の氏名、住所等の個人情報が記録されていたとのこと。

市は取扱対象者に向けて、個別に説明と謝罪の文章を送付。更に希望者に対しては被保険者証の記号番号の変更を対応を行う考えを示しています。

参照USBメモリの紛失について(お詫び)/所沢市