不正アクセスで個人情報56万件超流出か、ECサイトがサイバー攻撃被害



画像:DLmarketより

電子書籍などのダウンロード販売サイト「DLmarket」が2018年10月22日、何者かのサイバー攻撃を受けたことを発表しました。

同サイトの運用サーバーが攻撃されたことにより、ダウンロードユーザーとして登録した個人情報約56万件が流出した可能性があるとのこと。同社は第三者調査機関などを通じて、原因解明を急ぐ方針です。

パスワードなどは流出を逃れる

「DLmarket」の公式サイトでは、流出した可能性のある顧客情報は合計561,625件と膨大です。また氏名やメールアドレス・ログインIDなどが流出したものとしています。

ただしクレジットカード情報やパスワード、また電話番号などは流出していないとのこと。これらの情報は二次被害の発生に繋がりやすく、流出すると影響が大きな情報です。

原因究明が急がれる

「DLmarket」は今回の不正アクセスを受けて、侵入経路の遮断と監視体制を強化すると説明しています。

更に重要な原因究明については、第三者調査機関へ依頼を行うとのこと。調査報告を受け次第、必要な対策を講じるものと見られます。

なお「DLmarket」は被害が考えられるユーザーに対して、二次被害が発生した場合などで、連絡を行うよう呼び掛けています。

参照不正アクセスによる個人情報流出の可能性について/DL market