移植患者データ500件を含んだUSBを紛失、秋田大学附属病院で情報流出の可能性



画像:秋田大学医学部付属病院より

秋田大学医学部付属病院は2018年11月16日、所属する医師のうち1名が個人情報の記録されたUSBメモリーを紛失したことにより、個人情報漏洩の可能性が浮上したことを明らかにしました。

同大学の発表によると、USBメモリーには過去20年分の造血幹細胞移植手術を受けた患者や、呼吸器内科の受診歴のある患者ら501件分の個人情報が含まれていたとのこと。

事案の経緯は?

秋田大学の説明によると、医師は2018年9月6日にUSBメモリーを紛失。具体的な場所は明らかにされていませんが、学外で紛失した可能性もあるとのこと。また紛失したUSBメモリーにはパスワードロックなどのセキュリティ設定が実施されていなかった事実も判明しています。

大学は警察に遺失物届を提出し捜索を進めています。しかしその後2か月経過した2018年11月16日現在も、USBメモリーの発見には至っていません。

情報の内訳は?

紛失したUSBメモリーには、

  • 造血幹細胞移植手術を受けた患者:500件
  • 呼吸器内科の受診歴のある患者:1件

が含まれていました。流出情報は患者の氏名や生年月日だけでなく、移植様式や生死の別などのセンシティブ情報が含まれており、情報の質としては重大です。

同院は今後、定期的な個人情報の取り扱いに関する研修を実施するなどして、再発防止に努める考えです。

参照個人情報が記録されたUSBメモリの紛失について /秋田大学